公益財団法人 農民教育協会 鯉淵学園農業栄養専門学校

お知らせ

レポート

臨床栄養学実習「介護食」について学ぼう!

 2年次前期に履修する「臨床栄養学実習」では、病院で提供する食事をイメージした献立作りや調理法、提供方法について学びます。これまでの実習では、軟らかくて消化のよい「軟菜食」や、糖尿病・肥満症などに提供される「エネルギーコントロール食」など、様々な疾患に対応した治療食について取り組みました。

 今回の実習のテーマは「介護食」。高齢者の割合が増え続けている今、「食」のサポートができる栄養士に期待が寄せられています。噛む力や飲込む力が弱くなった方でも安心して食べて頂ける「嚥下調整食(ソフト食)」をみんなで作ってみました。

 まず、調理した食品をミキサーにかけ、増粘剤で固めて成形し、盛り付けます。出来上がりは彩りよく、なめらかな仕上がりとなりました。ソフト食を取り入れている病院や高齢者施設も数多くありますので、卒業後にこの実習で学んだことが役立つことを願っています。

臨床7.15.jpg

学生たちの力作です。詳細はインスタをご覧ください!

(メニューはヘルシーフード株式会社監修レシピを参考にしました)

科目担当

◇◆◇ インスタグラムも更新中! ◇◆◇

https://www.instagram.com/koibuchi_syokuhin_eiyo/

新着情報一覧へ戻る
バックナンバー
  2020年
  2019年
  2018年
  2017年
OPEN CAMPUS