鯉淵学園農業栄養専門学校ウェブサイトはInternet Explorer 6以下で閲覧すると表示が崩れる場合がございます。

Internet Explorerのバージョンアップをされるか、Firefox、Safari等での閲覧を推奨致します。

就農・就職サポート

浦田 仁 講師(就職支援チーム)

浅津 竜子 准教授(キャリア教育チーム)

本学に入学する以上は、学力と実践力と人間力を身につけて、専門学校卒の強みを発揮してほしいと思います。本学の就職支援の特徴は徹底した個人指導です。アグリビジネス科では入学早々から青年就農給付金の申請指導や各種の資格取得の準備、食品栄養科では「キャリア教育チーム」が調理技術の習得、就職活動のサポートなど徹底指導します。入学してから卒業まで忙しい毎日となりますが、あらゆる可能性に挑戦する元気な学生の入学を待ち望んでいます。私たちも皆さんのやる気を強く後押しします。

本校の就農・就職活動は、次の2本の柱で行われています。

  1. セミナーによる情報・知識の獲得
  2. 個別指導による相談活動

農業をやりたい、栄養士になりたいなどの多くの学生の声を踏まえて、サポートしています。

1.職業ガイダンス

農業・栄養・食品関連産業などの第一線で活躍している方の講演が行われ、職場の生の声が聞ける。

2.就職試験対策講座

一般教養などの筆記試験対策・資格試験対策などで実力をつける。それぞれの分野にあわせた面接の心構え・履歴書の書き方などのノウハウについてもわかる。

3.校外実習

アグリビジネス科では長期休暇中に関心のある分野(農家・JA)などで、食品栄養科では学校、保育所、病院、福祉施設などで就職体験をする。

4.進路相談

希望進路ごとに担当の先生がていねいにアドバイスをしてくれる。何でも相談にのってもらえるのが助かる。

5.同窓会のバックアップ

全国にいる同窓生は食・農の各分野で活躍していて、情報提供などのサポートが得られる。
→同窓会ネットワーク

6.海外研修で国際経験

タイへの農業研修など海外研修の機会もある。また、学園が受け入れる国際協力機構(JICA)などの海外研修生や留学生との交流を通じて、国際感覚を養うこともできる。