鯉淵学園農業栄養専門学校ウェブサイトはInternet Explorer 6以下で閲覧すると表示が崩れる場合がございます。

Internet Explorerのバージョンアップをされるか、Firefox、Safari等での閲覧を推奨致します。

食品栄養科

先生からのメッセージ

実践力ある栄養士の養成を目指しています。

食品栄養科長
野口 貴彦 教授(博士 [農学] )
担当:食品衛生学、生物学、生化学

本科では、栄養関連の専門知識を学ぶと共に実験・実習を主体とするカリキュラムで“ 現場につよい栄養士”の養成を目指しています。
また、食材生産(農場実習)を体験できるカリキュラムも大きな特色の一つです。知識と実践力を持った栄養士を目指して私達教員と一緒に頑張りましょう。

栄養・健康と食材生産の密接な関わりを学ぼう。

副学園長
入江 三弥子 教授(管理栄養士)
担当:調理学、調理学実習、栄養管理情報システム

バランスの良い栄養摂取には、多種多様な食品材料を使った食事が大事です。調理学の講義・実習では栄養士の基礎を、給食管理学では献立作成の技能や知識を身につけます。安全で健康的な食生活を築き日本の食文化の発展に貢献できる人になってほしいです。

科学的な物の見方を大切に。

小林 秀行 教授(農学博士)
担当:食品学、化学、食品学実験

食べ物は、体内に取り込まれエネルギーとなったり、体組織を構成したり、恒常性を保つために使われます。人の健康は食べ物により維持されますが、食べ方や種類、量によっては健康を損なう原因になることもあります。食品の栄養性、安全性、機能性などについて科学的に学びましょう。

給食の現場で必要な知識と技術を伝えたい。

浅津 竜子 准教授(管理栄養士/一級惣菜管理士/フードコーディネーター)
担当:給食管理学、献立作成演習、給食管理学実習、給食管理学校外実習

給食提供対象者は乳幼児からお年寄りまで様々です。対象者の身体的、心理的な要素に適した給食を提供する力を身につけるには、現場での経験・スキルアップが最も重要です。校外での実習を通して具体的・実践的な技術指導を行うことと、倫理観や職業観を持たせ、就職後もしっかりと栄養士活動を続けられるようサポートをしたいと思います。

栄養改善につながる栄養支援法を共に学ぼう。

若林 陽子 准教授(管理栄養士)
担当:応用栄養学、栄養学実習、栄養指導教育実習

日本人の平均寿命は、人生90年になろうとしており、健康長寿を全うするためには、離乳食から高齢者食までその年代にふさわしい食事の摂り方があります。分かり易く、効果的な栄養支援の技法を学び、実習を重ねます。皆さん、栄養士になって、人の役に立つ職業を得ませんか。