公益財団法人 農民教育協会 鯉淵学園農業栄養専門学校

お知らせ

お知らせ

栄養士養成50周年!

本校の栄養士養成は1970年にスタート。今年は2020年なので50周年を迎えました!

 記念にポスターとエコバッグを作成。地域の皆さんや高校生に広く知っていただけますように!  


 50周年ポスター(修正版).jpg    コットンバッグ見本.jpg

【本校栄養士養成の歴史】

1970年(昭和45年)  

「生活栄養科」3年間の栄養士養成を開始。

1985年(昭和60年)

「生活栄養科」3年間の栄養士養成+1年間の生活改良普及員養成に変更。

1995年(平成7年)

「生活栄養科学科」に改称し、4年間の栄養士養成を開始。

2010年(平成20年)  

校名を『鯉淵学園農業栄養専門学校』 に変更。

「食品栄養科」として2年間の栄養士養成をスタート!

時代と共に農村の「生活改善を担う人材」から地域の食生活を支える「栄養士」の養成に変化してきました。現在、栄養士としての就職率が高く(90%以上)、社会人経験のある学生や男子学生も多数(それぞれクラスの1~2割)在学しています。栄養士の資格を取得して社会に貢献する・家庭にも活かす!という意欲の高い学生が多いのが現在の食品栄養科の特徴です。

日々の様子は食品栄養科公式インスタグラムで紹介しています。

合わせてご確認ください。

新着情報一覧へ戻る
OPEN CAMPUS