鯉淵学園農業栄養専門学校ウェブサイトはInternet Explorer 6以下で閲覧すると表示が崩れる場合がございます。

Internet Explorerのバージョンアップをされるか、Firefox、Safari等での閲覧を推奨致します。

新着情報・トピックス

創立70周年記念式典・記念講演会・祝賀会が盛大に開催されました

2015年12月1日

11月28日(土)に公益財団法人農民教育協会鯉淵学園農業栄養専門学校の創立70周年記念式典、記念講演会及び祝賀会が鯉淵学園農業栄養専門学校にて開催されました。茨城県知事橋本昌様はじめ、数多くのご来賓の方々にもご参列いただき、総勢350名以上になる式典となりました。

はじめに農民教育協会海老澤常務(理事長代理)が式辞を述べ、創立70周年記念を迎えられた喜びと今後も学園の発展のための尽力する決意を表明致しました。近藤学園長からの挨拶では、学園のこれまでの歴史と変遷、取り組みについて報告するとともに、農と食を取り巻く環境の著しい変化や少子高齢化問題がある中、学園の果たす社会的役割が改めて強く求められていると述べられました。また、橋本昌茨城県知事、岡田広参議院議員、高橋靖水戸市長、松本広大全国農業会議所専務理事、川上好孝茨城県農業中央会副会長から祝辞を頂きました。

創立70周年記念事業として、学生・教職員の海外・国内研修支援事業、6次産業化教育支援事業などのほか、寄付金の募集をおこなっており、同窓生を中心として沢山の方々から寄付を頂きました。その中の大口寄付者への感謝の意を表すべく、代表として本学23期卒である重野徳夫氏へ感謝状を贈呈しました。最後に鯉淵学園同窓会の九石裕会長の音頭による万歳三唱で締めくくり、第一部が閉会となりました。

第二部は記念講演とし、学校法人文化学園理事長で日本私立大学協会会長の大沼淳氏(本学4期卒)による講演会が開催されました。演題は「次世代の専門学校教育に望む」で、本学園のような専門学校についてこれからの教育とはどうあるべきか、激しく変わっていく時代の流れにどう立ち向かっていくべきか、熱くご講演いただきました。貴重なエピソードを交えた講演をいただき、これからの農と食を、さらに鯉淵学園をどのように担っていくか、改めて考えることの出来た時間だったのでないでしょうか。とても意義の深い講演になりました。

第三部は鯉淵学園学生食堂で祝賀会が開催されました。提供された料理は、鯉淵学園産の農産物や加工品を使用したもので、一部は同窓生が育てた農産物なども使用されました。献立は、お赤飯のほか筑前煮、サラダ、おそば、けんちん汁など季節野菜をふんだんに使ったものでした。会場では、ご来賓、関連企業などの一般招待客、同窓生、さらに学園関係者が料理と会話を楽しんでいました。とくに、同窓生の方々は懐かしそうに語らい、歓談いただけたように見受けられました。また祝賀会途中では、本学園の学生の実習・講義の様子などを写したスライドショーが放映され、こちらも同窓生の方々を中心に懐かしそうに観ていただけたようでした。

創立70周年記念式典、記念講演会及び祝賀会が盛大に開催され、成功致しましたことにとても感謝しております。様々な方々のご支援とご協力を頂きながら今日まで歩んで来ることができました。これからも日々努力を怠らず、創立80周年、100周年と記念する日を迎えられるよう精進していきたいと思います。