鯉淵学園農業栄養専門学校ウェブサイトはInternet Explorer 6以下で閲覧すると表示が崩れる場合がございます。

Internet Explorerのバージョンアップをされるか、Firefox、Safari等での閲覧を推奨致します。

新着情報・トピックス

食品栄養科2年生「笠間市産の栗を用いたレシピの試作検討会」を開催しました!!

2015年1月30日

JA常陸さんと連携し、笠間市産の栗(栗ペーストなど)を用いた加工品・料理のレシピ開発に取り組みました。その成果を発表するため1月26日(月)に本校調理実習室で試作検討会を開催しました。

レシピ開発は《総菜部門》《デザート部門》の2部門で実施しました。栗をデザートに用いることは一般的ですが、おかずの食材としてはあまり利用されていないように思われます。そこで、ご飯のおかずにもなる料理・加工方法をお披露目し、栗という食材の再発見と消費拡大もねらいました。

食品栄養科2年生全員から提出されたレシピを一次審査し、その中から18品について試作検討しました。検討会にはJA常陸と笠間市のご担当者様、日本農業新聞様にも参加いただきました。レシピを提案した学生からのコメントもあり、学生ならではの発想や視点を参考に「笠間市産の栗」を用いた加工品・料理がさらに発展・普及できればと思います。

現在、レシピを整理中です。商品化がかなえば学生達の自信にもつながります!!

食品栄養科 准教授 浅津竜子


渋皮煮と野菜のオイスター丼

栗のパリパリ揚げ

冬の幸せマロンアイス