鯉淵学園農業栄養専門学校ウェブサイトはInternet Explorer 6以下で閲覧すると表示が崩れる場合がございます。

Internet Explorerのバージョンアップをされるか、Firefox、Safari等での閲覧を推奨致します。

食品栄養科

在校生からのメッセージ

野菜作りや調理実習が面白い!

中島 実乃璃さん(食品栄養科【2年】)茨城県立水戸農業高等学校(食品化学科)出身

栄養学や調理・給食管理技術を学べる他に、実際に畑に入り野菜の収穫などを行う実習は、栄養士となる上で大切な力になると思いこの学校に入学しました。調理実習では、自分が知らない料理法などが身に付きとても面白いですよ。

つねに向上心をもって、目指せ管理栄養士!

清水 智成さん(食品栄養科【2年】)茨城県立那珂高等学校(普通科)出身

将来は、管理栄養士になることが目標です。学校の授業で興味を持ったのは、食品衛生学実験です。これからの栄養士の仕事において食中毒を予防するための衛生管理・指導の知識と技術はとても重要だと感じました。これからも常に向上心を持って頑張って行きたいです。

自然がいっぱいでのどかな雰囲気が入学のきめて!

永山 楓さん(食品栄養科【2年】)福島県立いわき総合高等学校(総合学科)出身

この学校では栄養と農業の両方が学べると思ったことと、学校の“ のどかな雰囲気”が良かったので入学を決めました。調理系の実習でヨモギ餅を作る時にヨモギ摘みを行ったことや魚をさばいたりしたことが楽しかったです。将来は、管理栄養士になって病院で働きたいと思っています。

物事を始めるのに“もう遅い”はありません

関野 紘子さん(食品栄養科【2年】)札幌国際大学短期大学部(生活デザイン学科)出身

社会人として働いていた頃、もともと「食」に関心があり、深く学びたいと思いこの学校への入学を決めました。卒業後は、まずは給食関係の仕事に就こうと考えていますが、将来的には「食」に関するマーケティングの仕事か、または自分のお店を持ちたいと考えています。

「栄養士実力認定試験」で、全国第2位!

黒田亜美さん(平成25年3月卒業)大分県出身

平成24年12月10日に社団法人全国栄養士養成施設協会が実施した「栄養士実力認定試験」で、全国第2位という快挙をなしとげました。食品衛生学や解剖・生理学など14科目にわたるこの実力認定試験には、管理栄養士をめざす社会人・学生2638人と、栄養士をめざす大学・短大・専門学校の学生等6778人が受験。黒田さんの成績は、全国9416人の受験生の中で2位、栄養士をめざす受験生の中では断トツのトップという、輝かしい結果でした。