鯉淵学園農業栄養専門学校ウェブサイトはInternet Explorer 6以下で閲覧すると表示が崩れる場合がございます。

Internet Explorerのバージョンアップをされるか、Firefox、Safari等での閲覧を推奨致します。

食品栄養科

在校生からのメッセージ

種まきから食卓までを学びたい

飯村 優香さん(食品栄養科【2年】)茨城県立石岡第二高等学校(生活デザイン科)出身

料理を作るのが好きで、高校でも家政系を専攻していました。しかし、料理だけでなく食材がどのように生産されているのかを深く学びたいと思い入学しました。旬の学園産の農産物を使用しての調理実習や栄養学実習がとても楽しいです。自分のスキルを上げながら仲間と成長していきたいです。

技能の習得を確実に

斎藤 遥さん(食品栄養科【2年】)茨城県立大子清流高等学校(総合学科)出身

現在は調理学実習に一番興味を持っており中国料理や日本料理を学ぶ中で、仲間と協力しあったりコミュニケーションをとったりしながら1つのことを完成していくことが楽しいです。将来は管理栄養士になって病院で働くことが夢なので、調理技術や献立作成のスキルアップが出来るように頑張りたいです。

食材を熟知した栄養士に

藤原 菜緒さん(食品栄養科【2年】)茨城県立佐和高等学校(普通科)出身

食材の生産、調理加工、提供を一貫して学び、食材を熟知した栄養士になりたいと思い入学しました。調理学実習や大量調理学実習などでは様々な料理を作ったり、家庭とは異なる調理器具などを扱うなどとても興味深く楽しいです。食材をよく知り、献立に反映できる栄養士になれるようこれから頑張っていきたいです。

食を通して人々の健康に寄与したい

山口 雄司さん(食品栄養科【2年】)茨城県立波崎高等学校(機械科)出身

授業では応用栄養学などにとても興味があり、食を通して人々の健康の維持増進に寄与したいと考えております。将来は、老人福祉施設の栄養士として働くことが夢です。今後はより専門知識や技能を習得し仲間とともにブラッシュアップし、夢の実現に向けて邁進していきたいです。

栄養のプロを目指して頑張ってます

桐原 拓也さん(食品栄養科【2年】)茨城県立水戸農業高等学校(食品化学科)出身

高校でも学んでいた食品について、より深く学びたいと思っていました。ガイダンスで進路状況などを詳しく聞いてこの学校に決めました。授業・実験は高校よりも進んだ内容で、勉強・レポートなどにおわれていますが、食品衛生学実験などは特に楽しいです。将来は栄養士として活躍したいです。

「栄養士実力認定試験」で、全国第2位!

黒田亜美さん(平成25年3月卒業)大分県出身

平成24年12月10日に社団法人全国栄養士養成施設協会が実施した「栄養士実力認定試験」で、全国第2位という快挙をなしとげました。食品衛生学や解剖・生理学など14科目にわたるこの実力認定試験には、管理栄養士をめざす社会人・学生2638人と、栄養士をめざす大学・短大・専門学校の学生等6778人が受験。黒田さんの成績は、全国9416人の受験生の中で2位、栄養士をめざす受験生の中では断トツのトップという、輝かしい結果でした。