鯉淵学園農業栄養専門学校ウェブサイトはInternet Explorer 6以下で閲覧すると表示が崩れる場合がございます。

Internet Explorerのバージョンアップをされるか、Firefox、Safari等での閲覧を推奨致します。

アグリビジネス科

卒業生メッセージ

生産から流通までの経験をいかしたい!

櫻井 友輔さん(アグリビジネス科/作物・園芸コース [作物・園芸専攻] )東洋大学附属牛久高等学校出身
就職先:有限会社丸エビ倶楽部

実家は非農家でしたが、特別栽培の農産物を生産する法人に就職します。野菜作りだけでなく提携している農家さんからの集荷や生協への出荷など、生産だけでなく流通面も関わりながら働く予定です。学園で農業について幅広く学んだことを生かしていきたいです。

やりたいことを追求できた2年でした

古河 智博さん(アグリビジネス科/作物・園芸コース [作物・園芸専攻] )作新学院高等学校出身
就職先:茨城大学農学部

酪農ヘルパーとして就職します。非農家出身で、入学直後はうまく実習作業ができないこともありましたが、特待生として土曜・日曜も実習をこなしていくうちに出来ることが広がっていきました。また、球技大会や学園祭などのイベントも人との共同作業の勉強になりました。

日本全国に友人ができました!

竹葉 志野さん(アグリビジネス科/畜産・加工コース)愛媛県立北宇和高等学校出身
就職先:独立行政法人家畜改良センター技術専門職員

畜産にかかわる仕事がしたくて鯉淵学園で2年間勉強しました。鯉淵学園では知識・技術を身につけられただけでなく、全国の友達との交流が楽しく何物にも代えがたいものでした。卒業後は北海道の農場で働きます。専門知識をさらに追求してゆきたいです。

地元のJAで経験を生かしたい!

鈴木 恵太さん(アグリビジネス科/協同組合コース)茨城県立多賀高等学校出身
就職先:水戸農業協同組合

地元のJAに就職します。農協では様々な仕事をすることになりますが、誠心誠意取り組んでいきます。鯉淵学園での2年間では園芸実習と畜産実習の両方を経験したおかげで、どちらの大変さも身にしみてわかりました。この経験はJAで働く時にも大きく役に立つと思います。

進路先(平成28年度卒業生進路状況)

平成28年度卒業生就職率 94%(平成29年度3月28日現在)

就職率および職種内訳
就農・自営・農業法人 65%
JA・農業関連企業 13%
一般企業 6.5%
学校・教育関係 6.5%
進学 3%
主な就職先
会社名
  • 有限会社丸エビ倶楽部
  • 茨城大学農学部
  • 独立行政法人家畜改良センター技術専門職員
  • 水戸農業協同組合 など

※平成29年3月28日現在、本学の就職・進路決定率はアグリビジネス科で94%、食品栄養科で96.8%。
 厚生労働省の就職状況調査結果(28年4月1日現在)では、大学卒が97.3%、短大卒が97.4%。