鯉淵学園農業栄養専門学校ウェブサイトはInternet Explorer 6以下で閲覧すると表示が崩れる場合がございます。

Internet Explorerのバージョンアップをされるか、Firefox、Safari等での閲覧を推奨致します。

アグリビジネス科

卒業生メッセージ

現場で得られた経験をいかしたい!

江原 共百生さん(アグリビジネス科/作物・園芸コース [有機専攻] )環境学園専門学校出身
就職先:株式会社つながる

有機栽培の農産物を生産する法人に就職します。
学園では生産から調理まで様々なことが学べて楽しかったです。とくに実習作業の中で多くのことを学びました。就職したら現場で得られる知識・技術を大事にするとともに、自ら考えて動いていけるようになりたいです。

自治会活動も役に立ちました!

兼光 宏学さん(アグリビジネス科/作物・園芸コース [有機専攻] )立正大学出身
就職先:国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構

当初は就農を目指して鯉淵学園に入学しました。農業の実践的な技能を生かせる場がいくつもあることを知り、研究機関への就職を決めました。学生時代は自治委員長を務めました。さまざまな考え方の人と協力して自治会運営したことも就職活動で役に立ちました。

さまざまな地方の友人ができました!

山本 泉さん(アグリビジネス科/畜産・加工コース)静岡県立池新田高等学校出身
就職先:株式会社 愛鶏園

実家は非農家でしたが、動物関係の仕事がしたくて鯉淵学園で学びました。全国各地からの学生がいる環境で、多くの友人もできました。鶏に関しては学び直す部分も多いですが、講義や実習の経験を活かし、しっかりと知識や技術を身につけていきたいです。

積極的にいろいろ吸収できました!

寺﨑 康人さん(アグリビジネス科/畜産・加工コース)栃木県立那須拓陽高等学校出身
北海道(十勝)の個人農家で研修後、実家後継

実家は黒毛和牛の繁殖・水稲などの複合経営農家です。農業高校で勉強したのち、鯉淵学園でさらに学びました。実習やプロジェクト学習でより高度な内容にふれられたほか、学校として出品している共進会にも積極的に参加できて大変勉強になりました。

進路先(平成29年度卒業生進路状況)

平成29年度卒業生就職率 100%(平成30年度3月28日現在)

就職率および職種内訳
就農・自営・農業法人 73.7%
JA・農業関連企業 5.3%
一般企業 10.5%
進学・研修 10.5%
主な就職先
会社名
  • 有限会社丸エビ倶楽部
  • 茨城大学農学部
  • 独立行政法人家畜改良センター技術専門職員
  • 水戸農業協同組合 など

※平成29年3月28日現在、本学の就職・進路決定率はアグリビジネス科で94%、食品栄養科で96.8%。
 厚生労働省の就職状況調査結果(28年4月1日現在)では、大学卒が97.3%、短大卒が97.4%。