鯉淵学園農業栄養専門学校ウェブサイトはInternet Explorer 6以下で閲覧すると表示が崩れる場合がございます。

Internet Explorerのバージョンアップをされるか、Firefox、Safari等での閲覧を推奨致します。

学園長あいさつ

鯉淵学園農業栄養専門学校 学園長 近藤 博彦厳しい農業環境に挑戦し21世紀を切り拓く
新しい農業経営者の育成をめざした教育を行います。

人間が生きていくためになくてはならない食べ物を生産する農業は、楽しくて元気のでる仕事です。これからの農業生産者は、安全・安心な農産物の生産に加えて、加工、直売、農村レストラン、農業体験、農家民宿など多角的な経営が求められてきます。経営の実践を学ぶことが重要なのです。

そして、農業から供給される食材を使って人びとの健康と食生活の向上に貢献する栄養の専門家という職業も、その社会的役割はますます重要になってきました。一流の農業者、一流の栄養士をめざす若者に、鯉淵学園農業栄養専門学校は学びと実践と挑戦の機会を提供します。

鯉淵学園農業栄養専門学校 学園長 近藤 博彦

学園長経歴
昭和20年 新潟県に生まれる
昭和44年 京都大学農学部農林経済学科卒業
昭和44年 全国農業協同組合中央会に入会
平成11年 農林漁業団体職員共済組合 常務理事に就任
平成14年 農林業業団体職員共済組合 理事長に就任
平成20年 NPO法人地域高齢者支援協会 理事長に就任
平成23年10月 鯉淵学園農業栄養専門学校 学園長に就任